冠婚葬祭の中でのルールを守ること

社会人、というのは社会常識を持ってしっかり行動をできない人間というのは色眼鏡で見られてしまいます。

学生のころや子どものころと同じような感覚で振る舞っていると社会では通用しませんし、何より社会に出ることで初めてふれるルールという物がありますので注意が必要です。

社会に出たら自分ルールはもう通用しない

社会人になったとき、最初に一番に戸惑う壁はやはり学生や子どもの頃にはふれることなかった社会人のルールやマナーですね。

特に、冠婚葬祭といったようなかしこまった場では社会人ならではの格好や服装、そして振る舞いと言ったようなことが求められます。

こういったことは、既に社会常識として決められたこととなっていますので、子どもや学生のときのように自分の中のルールではこうなんだから自分は守らない、なんていうような所謂自分ルールは全く通用しません。

寧ろ、社会人になってもまだそんなことを言っている人は、なんて幼稚で非常識な人間なんだ、と見下されて軽蔑されること請け合いです。

自分ルールを持っている人からすると理不尽に思えるかもしれませんが、それが社会という物なんですね。

冠婚葬祭などにおけるマナーを守る意義について

やはり、結婚式にしろ葬儀にしろ基本的には主役というか主だった主要な人がいます。
結婚式ならば新郎新婦、そして結婚する人たちの親族関係者ですね。

葬式ならば、ご遺族たちというのが主要になるわけですからそういう人たちの気分を害するような列席の姿勢や格好というのは決して歓迎される物では或りません。

社会常識として既に決まったマナーやルールというものを守り上手に対応して周りの人たちを不愉快にさせないことが大人としての振る舞いなんですね。

そして、そういった社会常識やマナーというのは決して無意味にあるわけではなくて、それがあることによって社会秩序が守られるというような物もあります。

なので、意味がないのではなくただ子ども過ぎて意味がわかっていないだけ、というようなことが多いんですね。
日本という社会に属する以上は、こういったことは避けられない物なのです。

周囲に流されるのではなく周囲似合わせることが大事

社会常識などを守っていく、というのは大人として社会に属する儀式のようなものなんですね。

これは周囲に流される、というのではなく既に周囲にでき上がってる社会を乱したり、壊したりしないように合わせて守る、という意義があるんです。

こういった常識から外れるような行為というのはほとんどの人を不愉快にさせることですからね。

自分はこうしたいんだからこうするんだ、というのは子どものわがままですからね。
それは、大勢の他人を不愉快にさせてまで貫くようなことではないです。