結婚式と葬式の場合の女性のマナー

冠婚葬祭というのは、場所としてはやはり人の多く集まる場所ですしどうしてもある程度は着飾る必要があります。
しかし、着飾りすぎたり派手になったりするような格好をするのはその場にそぐわないので、気をつけなくてはいけません。

冠婚葬祭に適した格好が女性には求められる

お祝いの席にしろ、故人を偲ぶ席にしろ多少は余所行きの格好をするとは言っても派手な格好やメイクなどは場にそぐわないですし、浮いてしまいますからね。

葬儀の場は勿論ですが、祝いの席であったとしても派手な格好やメイクというのは周囲から浮いてしまったりしますし、何よりも結婚式なんかだと新婦よりも目立つような格好というのはマナー違反であり常識のない行動でしかありませんかからね。

特に、花嫁のウェディングドレスとかぶるような真っ白なドレスというのは最悪のチョイスと言えるでしょう。

更に、露出が多い肩や背中、足を大きく出すようなミニ丈なんかもやはりお祝いの場としてはそぐわない格好と言えるでしょうね。

ドレスの丈なんかもできるだけ膝丈くらいに抑えたりして、派手になりすぎないような配慮が大事なんです。

抑えすぎるのも場にそぐわないので注意しましょう

ただ、派手になりすぎないように気をつけるとは言っても場所は結婚式場になるわけですからね。

なので、あまり地味になりすぎてもそれはそれで祝の場としてはあまり好ましい格好とは言えないでしょう。

ある程度は着飾りつつも、露出やドレスの色合い、メイクなどが派手になりすぎないように気をつけ、常識をわきまえた格好をする、ということが好ましい、というわけなんです。

アクセサリー類なども、ゴールドと言ったような派手な物ではなく落ち着いたパールのような感じの物だったり、ストッキングも肌色に近いような雰囲気のベージュ系の物が好ましいでしょう。

通夜や告別式などの参列のときは、特によく気をつけなければいけないことなので、通夜なんかは地味な平服などでもカジュアルすぎるようなものになったりしなければ問題はないでしょう。

細かい点も女性は特に気を配っていきましょう

服装などもそうなのですが、特に女性が気を配らなくてはいけないのがアクセサリーやネイルなどの普段のオシャレですね。

アクセサリー類なんかも、光沢があるような物はやっぱり控えた方がいいですし、ネイルも色使いが派手だったり装飾が派手なようなものをそのような場にしていく、というのは非常識ととられかねません。

また、冬場なんかの場合特にお葬式は上着を着ていくことになるかとおもいますが革製のものや毛皮の物なんかは、あまり良い印象がないのでシンプルで地味な感じのスエード生地だったりするようなものなんかの方が、常識的にはいいでしょう。