結婚式の祝い方には特に気をつけよう

冠婚葬祭は、社会人となるとどこかで参加する機会があるかと思うのですが、特に社会人とは言っても例えば友人関係や身内での冠婚葬祭は、そこまで堅くならなくていいです。

特に祝い事なんかは親しい人の物だとつい賑やかになりがちですが、節度が必要になります。

祝いの席であっても節度を持って参加することが大事

社会人になってから、特に参加することになるのが同級生などの結婚式でしょうね。
大人になれば、自分と同年代の人も徐々に結婚していく機会が増えていくかと思うのですが、その際には特に昔からの友人の結婚式に参列したりすると、楽しくなったりテンションが上がってしまうことは致し方ないことでしょう。

とは言え、結婚式というのは特に新郎新婦にとっては非常に特別な思い出になる馬ですからね、あまりにも騒ぎすぎてしまったり行き過ぎたお祝いのパフォーマンスなんかをテンションが上がったままの状態で敢行してしまうのはかえって迷惑になってしまうことがあるんですね。

特に、楽しい気持ちのままだとお祝いよりも自分たちが楽しくなることばかりを考えてしまい、ついついそういったマナーや配慮などが欠けてしまうこともありますので節度が大事です。

結婚式に参加しているのは友人ばかりではない

結婚式で、特に騒ぎすぎて迷惑をかけてしまったりマナー違反をおかしてしまったりするのは主に新郎新婦の友人や同級生ですね。

サプライズのパフォーマンスだったり、流行りのフラッシュモブズなんかをやったりすると、同級生たちは盛り上がるかもしれませんが、結婚式に参列するのは同級生や友人ばかりではありませんからね。

参列者の中には、当然新郎新婦のご両親や親族の方もいますし、更には新郎新婦の会社関係の人たちも参列している、ということもあるでしょう。

そういう人たちの前で、いわゆる同級生だけの身内ノリのようなものを披露してもマナー違反というか、あまり褒められたこととされるような風には見られないでしょう。

言ってみれば、身内だけが楽しいけど他の人からすれば不愉快になるようなこと、というのはありますからね。
その場の雰囲気はしっかり守り、そういうのは二次会でやりましょう。

雰囲気に合わせたお祝いをするのがマナー

祝いの席は、賑やかな方がいいと思う人もいるかもしれませんがその場その場に合わせた雰囲気、というものが社会人にとっては大事なことなんですね。

特に、馬鹿騒ぎというのは渦中の人は楽しくてもその周囲の人は案外冷ややかな目で見ている物なのです。

なので、自分が楽しく盛り上げているつもりでもソレは周囲から見れば単なるマナー違反でしかないし冷めたような目で見られるようなものになってしまう、ということもあります。
結婚式はあくまで主役は新郎新婦なのでそれを壊さないようにしましょう。